ヒト幹細胞のリスクと効果についてわかりやすく解説!

【いまさら聞けない】成分のギモン , 注目記事,

イメージ画像

コスメ界では、最近よく『ヒト幹細胞』というワードが目に入るようになりました。
ヒト幹細胞を謳う広告も増えてきましたね。

でも、その実態はいまいちよくわからない……ヒト幹細胞が、お肌にどう良いの?
というわけで、ちょっと調べてみました。

ヒト幹細胞ってなんだろう

私たちの身体はたくさんの細胞が絶えず入れ替わり続けています。
組織が傷ついたり、弱ったり、ダメージを受けた時に、修復・再生する能力を持つ細胞が「幹細胞」です。幹細胞自体は、動物にも植物にも備わっています。

実際にヒトの幹細胞が配合されているの?

イメージ画像

ヒト幹細胞コスメと言っても、実際は幹細胞そのものを使用するわけではなく、幹細胞を培養している培養液の上澄み液を採取したもの使用します。幹細胞を培養した培養液には、多くの成長因子を含む活性物質が含まれています。

ヒト幹細胞の効果とは

培養液には、様々な種類のサイトカイン(細胞を活性化する物質)やグロースファクター(成長因子)が豊富に含まれています。
その培養液を塗ることで、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを作り出すもとである線維芽細胞に働きかけ、皮膚を健康的に見せる効果が期待できます。

主に、以下のような効果が期待できるとされています。

  • 肌にハリを与える
  • 毛穴の開きや黒ずみを改善し、過剰な皮脂分泌を抑える
  • 肌のターンオーバーを整える
  • 肌の水分量が増加し、乾燥肌によるトラブルを改善
  • 肌のキメが整い、透明感がアップ
  • メラニン生成を抑制
[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”” balloon=”think” balloon_shadow=”true”]

エイジングケアの効果が高いのかな。シミや肝斑は改善する? 年齢を考えるとかなり興味深い

[/word_balloon]

ヒト幹細胞の、美容における種類

さて、一口に「ヒト幹細胞」と言っても、いくつか由来があります。


関連記事